ライフサイエンスデータベース統合推進事業 統合化推進プログラム

ゲノム・疾患・医薬品のネットワークデータベース


研究代表者

 金久 實(京都大学化学研究所)

研究開発課題要旨

本研究開発では、ゲノムの情報から疾患や医薬品に関する知見を得るための新しいデータベースとして、ヒトゲノムのバリエーション(多様性)を生体システムを構成するネットワーク要素のバリエーションとして蓄積したKEGG NETWORKを開発する。生体内のシグナリングパスウェイなどに関する知識をKEGGモジュール(遺伝子セット)の形式で表現したのがネットワーク要素で、変異遺伝子などによるバリエーションを区別して定義する点が大きな特色である。また医薬品、環境物質、病原体などによる制御関係もネットワーク要素として定義する。さらにゲノムシークエンスデータなどの大量データをネットワーク要素の集合にマッピングし、ネットワーク再構築を行う手法の開発も行う。KEGG MEDICUSは疾患情報、医薬品情報、ネットワーク情報を統合したリソースとなり、ゲノム情報有効利用のための新たなレファレンスリソースとして提供する。


[ 研究プロジェクト ]