ライフサイエンスデータベース統合推進事業 統合化推進プログラム

ゲノムとフェノタイプ・疾患・医薬品の統合データベース


研究代表者

 金久 實(京都大学化学研究所)

研究開発課題要旨

本研究開発では、ゲノムとフェノタイプとの関連、とくに疾患との関連を理解するために、モジュールと呼ぶ遺伝子セット、および複数の遺伝子や環境因子から構成された相互作用ユニットに関する知識をデータベース化し、ゲノム情報を有効利用するためのトランスレーショナルバイオインフォマティクスリソースKEGG MEDICUSをさらに発展させた開発を行う。疾患情報については、遺伝要因と環境要因のリストを既知の相互作用ユニットとして表現したKEGG DISEASEに加えて、病原体ゲノムで病原性や薬剤耐性等に関与するモジュールの知識を集約したKEGG MODULEを開発する。医薬品情報については様々な特徴を共有する医薬品グループのデータベースを新たに開発し、医薬品相互作用の解析などで活用できるようにする。


[ 研究プロジェクト ]