ライフサイエンスデータベース統合推進事業 統合化推進プログラム

ゲノム情報に基づく疾患・医薬品・環境物質データの統合


研究代表者

 金久 實(京都大学化学研究所)

研究開発課題要旨

ヒトゲノム計画を契機としたハイスループット実験技術の進歩と大量データの生産、それに伴うデータベースの整備により、様々な分野での研究に新たな展開が生まれている。しかしながらこれらの恩恵は国際的に見ても未だ研究者コミュニティに限られており、一般社会にまでは到達していない。それは社会的ニーズの高いデータとの統合が十分になされていないことが1つの大きな要因である。本研究開発では、ゲノム情報を基盤に疾患・医薬品・環境物質データの統合化を行う。これにより研究者側には研究成果を医科学・創薬科学・環境科学の応用分野で活用するためのリソースを提供し、医療関係従事者や一般の人々には、病気や薬に対する科学的理解を深めるためのリソースを提供する。具体的にはJSTバイオインフォマティクス推進事業で開発したKEGG MEDICUSと統合データベースプロジェクトで開発したゲノムネット医薬品データベースを発展させ、新たにゲノムネット疾患データベースを開発し、これらの統合化に必要な遺伝子・ゲノムと疾患の関連に関する知識集約作業も行う。


[ 研究プロジェクト ]